薬膳の歴史について解説

薬膳はポピュラーな食事のひとつとして、特に美容や健康に関心の高い女性に人気となっています。東洋医学、中医学の考え方がベースとなっている薬膳には古い歴史があり、それを理解することで、より薬膳の効果を実感することができるでしょう。

薬膳の始まり

薬膳は1980年代に中国、北京にあるレストランで使用された言葉であると言われていいます。言葉としては比較的新しいものですが、実際の歴史はとても古く中医学で食補、食療などと呼ばれていたものが名称を変えただけのものであるともされています。

歴史にみる薬膳の始まりは紀元前、周の時代までさかのぼります。当時の医学界には現在の内科医、外科医、獣医とともに食医と呼ばれる分野があり、食医は医師のなかでも最も高いランクに位置づけられていました。皇帝のために栄養管理や食材を組み合わせを任されていた食医は、食事によって病気の予防や治療を行っていたのです。

薬膳の完成

漢の時代になると、食療、食養に関することをまとめた「黄帝内経」が完成。病気と日常の食事には密接な関係があり、劇的に病気を取り除く薬と違って、未病の段階から徐々に健康にしていく薬膳が大切であることが説かれています。漢方薬のバイブルともいわれる「神農本草経」には、食材や漢方薬が種類別にきちんと分類されています。

医食から日常食へ

唐の時代になると食事療法について独立した書籍がまとめられるようになります。そのなかでは、病気には薬ではなく食事療法で対処するべきことが強調されています。軽い症状の病気である場合は、体のバランスを保つための食事療法だけで十分であるという考え方が主流です。

宋の時代になると、食事療法や薬膳に関する理論や手法が体系的に整理され、宮廷だけでなく、健康や美容に関心の高い民間にもその考え方が普及します。1956年には中医学の基準が示され中国医学が確立されます。現代では西洋医学をメインとした病院でも、中医学の考え方や漢方が取り入れられ、一般の人々の日常食としても定着しています。

日本人の口に合う薬膳

日本でも古くから、ウナギやスッポンなど滋養強壮に効果のある食べ物が人気です。漢方が「何となく体の調子が悪い」という未病の状態に効果があることを知っていても、独特な風味から敬遠されることもあります。以前は漢方薬がそのまま溶け込んだような料理が主流ですが、現在の薬膳は日本人の口にも合う食べやすくおいしい料理が増えています。

まとめ

薬膳はその言葉自体は新しいものですが、食事で病気の予防をする中医学の考え方は紀元前までさかのぼる古い歴史があります。漢方薬は独特の匂いや風味から敬遠されがちです。しかし、当店では身近なラーメンなどでおいしく、そして手軽に薬膳を摂取することができます。