今、巷で話題の中国の薬膳について

以前は漢方薬の匂いや味が強く主張し過ぎることで敬遠されがちであった中国の薬膳。しかし、今では健康や美容に良いだけでなく、食べやすくておいしい薬膳料理が増えていることで人気となっています。今、巷で話題の薬膳について紹介します。

中医学の理論に基づいた食事

薬膳料理の歴史は紀元前2000年にさかのぼります。中国伝統の中医学に基づいて皇帝に仕える食医が季節や体調に合わせて食事を提供したことに由来しています。西洋医学では対症療法が主流で、病気になったときに薬で治療しますが、中医学では病気になる前の未病の段階で食事によって健康を増進する考え方が主流です。

肌荒れや肩こり、疲労感など、病気とまでは言えないが体に不調がある際に、薬膳料理を食べると改善されることも少なくありません。人間は食べた物でできていると言われるように、食にこだわって健康や美容増進を図る食事が薬膳であるといえるでしょう。

薬膳のベースは漢方

薬膳に使用される漢方は生来のものでそれぞれに効能が異なるものを目的に合わせてブレンドすることで効果を期待するものです。植物の葉や花、根や茎、菌類など生薬の種類は実にさまざまで、民間の薬膳料理の資格を取得した人などが料理として提供することもあります。

陰陽と五行

薬膳の基本となる考え方には陰陽と五行の2つがあります。体を温めたり、冷やしたりする食材はどちらかに偏ると体調を壊してしまいます。それぞれの食材をバランスよく摂取するのが陰陽の考え方です。

五行は五臓と五味、季節が関係するもので、それぞれのバランスを考えて摂取することの大切さを説くものです。五行は互いにバランスを維持し合うものであるため、どれかに偏ると健康を害する可能性が高くなります。体の状態を把握したうえで、バランスよく摂取することが大切です。

薬膳は食べにくい?

薬膳料理というと独特な匂いと香りから受け付けないという人も多くいます。漢方薬の効果を謳った料理は全面に漢方が主張するため、体に良くても味として敬遠されることがあります。しかし、最近では日本人の口にも合うおいしい薬膳料理も登場しています。

まとめ

生来の漢方薬がベースとなる薬膳は中国の古い歴史があります。薬ではなく食で健康を維持することにこだわった料理であるため、一般的な料理とは違ってクセのある味となることも少なくありません。当店では、おいしく体に良い薬膳料理を提供しているため、何度でも食べたくなると評判です。