今、巷で話題の中国の薬膳について

以前は漢方薬の匂いや味が強く主張し過ぎることで敬遠されがちであった中国の薬膳。しかし、今では健康や美容に良いだけでなく、食べやすくておいしい薬膳料理が増えていることで人気となっています。今、巷で話題の薬膳について紹介します。

中医学の理論に基づいた食事

薬膳料理の歴史は紀元前2000年にさかのぼります。中国伝統の中医学に基づいて皇帝に仕える食医が季節や体調に合わせて食事を提供したことに由来しています。西洋医学では対症療法が主流で、病気になったときに薬で治療しますが、中医学では病気になる前の未病の段階で食事によって健康を増進する考え方が主流です。

肌荒れや肩こり、疲労感など、病気とまでは言えないが体に不調がある際に、薬膳料理を食べると改善されることも少なくありません。人間は食べた物でできていると言われるように、食にこだわって健康や美容増進を図る食事が薬膳であるといえるでしょう。

薬膳のベースは漢方

薬膳に使用される漢方は生来のものでそれぞれに効能が異なるものを目的に合わせてブレンドすることで効果を期待するものです。植物の葉や花、根や茎、菌類など生薬の種類は実にさまざまで、民間の薬膳料理の資格を取得した人などが料理として提供することもあります。

陰陽と五行

薬膳の基本となる考え方には陰陽と五行の2つがあります。体を温めたり、冷やしたりする食材はどちらかに偏ると体調を壊してしまいます。それぞれの食材をバランスよく摂取するのが陰陽の考え方です。

五行は五臓と五味、季節が関係するもので、それぞれのバランスを考えて摂取することの大切さを説くものです。五行は互いにバランスを維持し合うものであるため、どれかに偏ると健康を害する可能性が高くなります。体の状態を把握したうえで、バランスよく摂取することが大切です。

薬膳は食べにくい?

薬膳料理というと独特な匂いと香りから受け付けないという人も多くいます。漢方薬の効果を謳った料理は全面に漢方が主張するため、体に良くても味として敬遠されることがあります。しかし、最近では日本人の口にも合うおいしい薬膳料理も登場しています。

まとめ

生来の漢方薬がベースとなる薬膳は中国の古い歴史があります。薬ではなく食で健康を維持することにこだわった料理であるため、一般的な料理とは違ってクセのある味となることも少なくありません。当店では、おいしく体に良い薬膳料理を提供しているため、何度でも食べたくなると評判です。

当店について

当店は古い歴史と伝統のある中国の生薬をふんだんに使った薬膳スタミナ料理、薬膳スタミナ麵が評判の台湾系料理店です。滋養強壮や未病の対処におすすめの薬膳料理を手軽においしく食べることができます。おすすめのメニューをいくつか紹介します。

スープは飲み干すのが基本

当店では薬膳料理をメインとして提供しているため、店内には薬膳料理の素材見本や薬膳酒なども置いてあります。歴代首相や有名アーティスト、スポーツ選手など、さまざまな著名人からも支持されています。

薬膳スタミナ麵には生薬の漢方がふんだんに使用しているため、麺や具材だけでなくスープを最後の一滴まで飲み干すことで効果が期待できます。食欲がない場合は、スープだけを飲んでも元気になれることでしょう。

人気の薬膳麵

当店の薬膳麵には、煮込み麵やビーフン麵のさっぱりとした塩ラーメンなどもあります。漢方が溶け込んだスープは見た目は刺激が強そうですが、味はとてもマイルドで体に優しいのが特徴です。スープを飲み干した後は体がポカポカして新陳代謝が上がっているのを感じることができるでしょう。

麺以外の料理もおすすめ

当店では麺以外でも人気の薬膳メニューが豊富にあります。薬膳カレーはインドカレーとは全く違うもの。ウコンやターメリックなどのスパイスも健康に良いとされていますが、それ以上の栄養が含まれており、一度食べたら病みつきになる味です。また、餃子にも八角などの生薬を使用しておりおいしいと評判。

予約いただければ丸鶏の薬膳鍋などの本格的な薬膳料理もお出ししています。寒さの厳しい冬でも食事後、帰宅してから暖房が必要ないほど体の芯からポカポカと温めてくれます。薬膳卵と薬膳酒はリピーターの方にとって食事前の必須メニューとなっています。

漢方が主張し過ぎない料理

当店の最大の特徴は漢方が主張し過ぎない料理であることです。薬膳料理というと青臭さや漢方薬の風味が強すぎて、体に良いことはわかっていても継続して食べようとは思えないことがあります。当店では「良薬口に苦し」ではなく、おいしく毎日でも続け食べたくなるような料理を提供しております。

まとめ

当店の薬膳料理の特徴や一部のメニューを紹介しましたが、いかがだったでしょうか。体に良いだけでなくおいしいことにこだわって料理を提供しています。毎日でも食べたくなるおいしくて健康、美容に良い薬膳料理なら、ぜひ当店にお越しください。

薬膳にはどんな効果が期待できるのか

薬膳は中国の伝統的な中医学に基づいたものであり、食で病気の予防や回復、健康増進の効果を期待するものです。近年の健康志向の高まりにより、健康だけでなく美容やアンチエイジングなどを目的として薬膳を摂取する人も少なくありません。薬膳にはどんな効果が期待できるのでしょうか。

薬膳の食材の種類

薬膳の最大の魅力は体調や効果を得たい目的に合わせて食材を選んで料理ができることです。簡単な料理であれば自宅で調理することも可能ですが、そのためには薬膳の食材についてある程度理解しておく必要があります。

海松子はおつまみでも知られている松の実のことで、良質な脂肪とたんぱく質、ビタミンやミネラルが含まれています。金針菜はカンゾウのことで、天然のメラトニン物質が多く含まれています。銀耳はシロキクラゲのことです。このように、名前は知らなくても身近な食材であることも少なくありません。

薬膳食材の効果

海松子には滋養強壮のほか、咳止めや頭痛緩和、健胃や不眠改善などの効果が期待できます。金針菜は眠りをサポートしてくれる以外に、貧血やかすみ目などに効果的です。このように、薬膳の食材にはひとつひとつに期待できる効能に違いがあるため、体の状態に合わせて選ぶことが大切です。

薬膳で効果が期待できる症状

薬膳は健康面だけでなく美容面でも効果が期待できます。健康面では、冷え性や慢性的な疲労、滋養強壮、肩こりや腰痛などの緩和、解消に効果が期待できるでしょう。また、体の中に溜まった毒素や不要な物を排出して体の力を補うという基本的な考え方があります。過剰な塩分や糖分、資質などを排出するデトックス効果からダイエットも期待できます。

美容面では、むくみや便秘、肌荒れの解消にも効果が期待できます。必要な栄養を補うとともに老廃物を除去することで体の調子が整い、血行や新陳代謝の向上も期待できるでしょう。

薬膳は体の不調を防いでくれる

薬膳に使用される漢方薬は、植物性のものや動物性のもののほか、鉱物や菌類など自然界に存在するものがメインとなっています。そのため、摂取することで体の内側から身体の調子を整えてくれます。薬膳を日常生活に取り入れることで、病気とまではいえないが健康でもない未病の状態を改善することが期待できるでしょう。

まとめ

薬膳は食事で体の不調や病気を防ぐことを基本とする食事です。薬膳に使用される漢方薬にはさまざまな種類があり、体調や目的に合わせて組み合わせることも可能。当店では、食べやすくおいしい薬膳料理を提供しているため、薬膳料理が初めての方でもおすすめです。

薬膳の歴史について解説

薬膳はポピュラーな食事のひとつとして、特に美容や健康に関心の高い女性に人気となっています。東洋医学、中医学の考え方がベースとなっている薬膳には古い歴史があり、それを理解することで、より薬膳の効果を実感することができるでしょう。

薬膳の始まり

薬膳は1980年代に中国、北京にあるレストランで使用された言葉であると言われていいます。言葉としては比較的新しいものですが、実際の歴史はとても古く中医学で食補、食療などと呼ばれていたものが名称を変えただけのものであるともされています。

歴史にみる薬膳の始まりは紀元前、周の時代までさかのぼります。当時の医学界には現在の内科医、外科医、獣医とともに食医と呼ばれる分野があり、食医は医師のなかでも最も高いランクに位置づけられていました。皇帝のために栄養管理や食材を組み合わせを任されていた食医は、食事によって病気の予防や治療を行っていたのです。

薬膳の完成

漢の時代になると、食療、食養に関することをまとめた「黄帝内経」が完成。病気と日常の食事には密接な関係があり、劇的に病気を取り除く薬と違って、未病の段階から徐々に健康にしていく薬膳が大切であることが説かれています。漢方薬のバイブルともいわれる「神農本草経」には、食材や漢方薬が種類別にきちんと分類されています。

医食から日常食へ

唐の時代になると食事療法について独立した書籍がまとめられるようになります。そのなかでは、病気には薬ではなく食事療法で対処するべきことが強調されています。軽い症状の病気である場合は、体のバランスを保つための食事療法だけで十分であるという考え方が主流です。

宋の時代になると、食事療法や薬膳に関する理論や手法が体系的に整理され、宮廷だけでなく、健康や美容に関心の高い民間にもその考え方が普及します。1956年には中医学の基準が示され中国医学が確立されます。現代では西洋医学をメインとした病院でも、中医学の考え方や漢方が取り入れられ、一般の人々の日常食としても定着しています。

日本人の口に合う薬膳

日本でも古くから、ウナギやスッポンなど滋養強壮に効果のある食べ物が人気です。漢方が「何となく体の調子が悪い」という未病の状態に効果があることを知っていても、独特な風味から敬遠されることもあります。以前は漢方薬がそのまま溶け込んだような料理が主流ですが、現在の薬膳は日本人の口にも合う食べやすくおいしい料理が増えています。

まとめ

薬膳はその言葉自体は新しいものですが、食事で病気の予防をする中医学の考え方は紀元前までさかのぼる古い歴史があります。漢方薬は独特の匂いや風味から敬遠されがちです。しかし、当店では身近なラーメンなどでおいしく、そして手軽に薬膳を摂取することができます。

薬膳をよりおいしく楽しむためには

薬膳料理が体に良いことはわかっていても、漢方薬がベースとなることも多いためその匂いや味が苦手だという人もいるでしょう。しかし、身近な食材にも薬膳に使用できるものは多く、ちょっとした工夫でよりおいしく楽しむことができます。

薬膳は意外に手軽

薬膳料理は専門店でしか食べられない手間のかかる高級料理というイメージがあるのではないでしょうか。しかし、食材についてよく知っていればいつもの食材を使って簡単に作ることができます。薬膳で体の不調を改善するためには、季節や体調に合わせて食材を組み合わせることが大切です。

漬物や味噌など、発酵食品となじみが深い日本人には発酵食品を使った薬膳料理なら抵抗なく食べられます。発酵することで食材にはもともと含まれていなかった栄養素が付加されたり、味が良くなったりすることも少なくありません。いつもの食材を発酵食品と組み合わせるだけで薬膳になるのも魅力です。

おすすめの発酵薬膳料理

豚肉にはビタミンB1が豊富に含まれており、疲労回復に効果があるとされています。しかし、胃腸が弱っていると肉の主成分であるたんぱく質の分解、吸収が進まないことがあります。味噌やヨーグルトなどに漬け込むことで、アミノ酸の分解が促進され消化もよくなるでしょう。

薬膳の基本、五行

五行は薬膳の大切な柱となる考え方です。例えば、夏バテで体調を壊しがちになる夏の属性の色は赤であり、赤い食材を摂取することで体にこもった熱やほてりを除去することが可能です。また、赤い食材は血液をサラサラにする効果も期待できるので、熱中症予防にも効果が期待できます。

季節や体調と五行を組み合わせて食材を選んで調理することで、簡単に薬膳料理をつくることが可能です。数ある食材のなかから苦手な物を省くこともできるので、おいしく食べることもできるでしょう。

本格的な薬膳料理

本格的な薬膳料理を家庭で作るには、薬膳に関する幅広い知識が必要となります。最近では通信講座などで薬膳マイスターなどの民間資格を取得することも可能です。しかし、食材選びだけでなく、組み合わせの割合や味までとなるとやはりプロの料理には敵わないでしょう。

まとめ

薬膳は基本となる考え方を知り、体調や目的に合わせて食材を組み合わせれば家庭でも簡単に作ることができます。しかし、本格的な薬膳料理は作るのが難しいだけでなく、漢方が主張し過ぎておいしく食べられないこともあるでしょう。当店では薬膳をよりおいしく食べられるメニューを提供しています。薬膳料理が初めての方にもおすすめです。